みなさまこんにちは。

火曜日・水曜日と本栖湖の畔(洪庵キャンプ場)でソロキャンプをしてきました。

サービス業なので人様が休日の時は仕事をしています(笑)

19日の祝日が22日に変更されて得た感覚は・・・

 

火曜日はのんびりと昼から酒を飲んでゆったりと過ごしました。

両サイドともお行儀のよいソロのキャンパーさんで、隣通しの間隔は10m以上離れられ、風通しも良くゆったりしていました。

天候は晴れ。

日中30度以上で、とてつもなく暑かったですが、夜は19度まで下がり肌寒い、流石標高900m。

夕暮れの赤富士も綺麗でした。

暗くなってからは月明かりが強すぎて星空は大したことが無かったのです。

風に揺られて打ち寄せる波の音が気持ちい時間帯を過ごすことが出来ました。

 

 

ただ翌日は早朝の8:00過ぎからファミキャンさんが大挙して、前日とは打って変わって遊園地の様な賑わいでした。

ニッポンは木曜日から4連休なのは承知していましたが、まさか水曜日から前乗りしてくる

ファミキャンさんがこんなにいらっしゃるとは・・・

こどもたちは水辺でギャーギャー大はしゃぎしてうれしそうです。

お父さんお母さんは慣れない手つきで、テントやタープ張に奮闘中。

見ててぎこちないのですが、余計な出しゃばりは禁物です。

Help要請があって、初めて助ければよいのです。

子供たちの目からすれば、お父さんお母さんは頼もしくて格好いい存在でなければなりません。

もし、達人がそういう光景を目にしてしまっても、そっと見守ってあげましょう。

夜露でテントが濡れてしまいますが翌日の天候も晴れなので、タープは張りませんでした。

夜露のお土産。

朝日に照らされて、水滴が宝石の様に輝いていました。

皆、良い思い出作りになるといいですね。

私は自分を見つめ直すために来ています(笑)