みなさま、こんにちは。

妻と見に行くはずだった群馬県中之条の白砂渓谷紅葉ライン。

訳あって寂しく単独で行く事になってしまいました。

一人となれば機動力のある、山バイク・ブロンコでの出動です。

秋も深まってきたであろう群馬の奥地なので、防寒対策をシッカリと整えて出かけました。

当日は目的地もぜんぜん寒くない!

むしろ暑いくらい・・・でした。

寒さを我慢することは辛いですが、着ている服を脱げば良いだけなのでOKです。

八ッ場ダム

落差50メートルほどでしょうか、紅葉に囲まれた不動の滝が綺麗でした。

 

八ッ場ダムの湖底へと続く道がもの悲しい雰囲気でした。

白砂渓谷

緩やかな川の流れは青く輝いていて紅葉の木々を演出していました。

大仙の滝

白砂峡の周辺は滝をめぐるハイキングコースがありました。

野反湖

白樺の木々も葉を落とし寂しさを醸し出していました。

ちゃつぼみごけ群生地

草津温泉

草津の湯はパスをして、あがつま峡でひとっぷろ浴びましたがその写真はございません。

 

上記のルートで何枚か写真を撮ってきました。

 

紅葉の景色がすでに終わっていた野反湖では、米軍の軍用機ターボプロップエンジンのC-130ハーキュリーが

まるでアメリカ本土のごとく低空飛行で輸送訓練をしていました。

今シーズンはおそらく最後のツーリング。

新緑の頃、また足を運んでみたいと存じます。

最後までご覧いただいた皆様、ありがとうございました。