本日の川越は晴れ

まだ5月だというのにこの暑さは何でしょうか?

皆様も日射病には気を付けてお過ごしくださいm(__)m

 

さて、最終日の三宅は火山の後をまじかで体験できるスポット巡りです!(^^)!

まずは、2000年に噴火した際、山腹から流れ出てきた泥流で埋まってしまった神社。

今は新しい拝殿と鳥居が建てられています。

奥へ行くと奥殿がありました。

次に、道路沿いに溶岩流で埋まった自動車がありました。

わかりにくいですが、当時のまま残っています

車で走っていると道沿いに当時の写真が置いてあります。

こんなにたくさんあった家も今は跡形もないです。

最後に、1983年(昭和58年)10月南西山腹に生じた噴火

高さ100m以上に吹き出た溶岩は、阿古地区の一部を飲み込みましたが、

幸いにも人的な被害はなかったようです。2007年、

この溶岩流の上に、遊歩道が完成。

ここを歩くと、噴火の凄さを目の当たりにできる場所です。

旧阿古小・中学校が埋もれていて

当時のままの様子を間近に見学できます。

2000年に起きた噴火により全島民が避難しましたが、
現在は観光も再開され、釣り、ダイビング、バードウォッチング等を
楽しむお客様が多数来島しているそうです。

なかなか見られないものがたくさんありますので、

是非皆様も一度行ってみてください(*^^)v